糖尿病診療分野

糖尿病臨床・研究開発領域
糖尿病の克服をめざし、予防から治療まで
医学と医療の先進的研究成果を社会へ
教授 松久 宗英
matuhisa@tokushima-u.ac.jp

1987年 岡山大学医学部卒業、大阪大学医学部第一内科 入局
1993-5年 カナダトロント大学医学部生理学教室 客員研究員
2009年 大阪大学大学院内分泌代謝内科学 講師
2010年 徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター糖尿病臨床部門診療分野 特任教授
2014年 徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター センター長
     徳島大学病院アンチエイジング医療センター センター長
2017年 徳島大学先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発センター センター長・教授

研究概要

 糖尿病は、世界保健機関(WHO)が克服すべき疾患として指定した唯一の慢性疾患です。世界では6秒にひとりの割合で、糖尿病を原因とする死亡が発生しています。とりわけ徳島県では、糖尿病死亡率の国内ワーストワンである状態が、1993年から2013年までほぼ毎年続いてきました。徳島大学では、この世界的かつ地域特有の重要な健康課題に対し、平成22年に糖尿病臨床・研究開発センターを設立し、糖尿病の予防、重症化の阻止、そして健康寿命の延伸をめざした研究と診療、そして人材育成を推進してきました。初代センター長に松本俊夫先生(現藤井節郎記念医科学センター特任教授)が就任され、2014年より松久がそのバトンを引き継いでいます。
 本センターは、小胞体ストレスを切り口に糖尿病の本態に迫り、新規治療薬の創出をグローバル企業と協働してめざす親泊政一教授(先端酵素学研究所プロテオゲノム研究領域生体機能学分野)、糖尿病・メタボリックシンドロームの発症因子の解明をめざす「徳島コホート」研究を進める船木真理特任教授(徳島大学病院糖尿病対策センター)、最も克服すべき糖尿病合併症である糖尿病性血管障害の病態解明と治療法開発をめざす池田康将准教授(医歯薬学研究部薬理学)、脂肪細胞の分化増殖の制御から抗肥満治療法の創出や栄養学に基づく糖尿病治療法の開発を進める阪上浩教授(医歯薬学研究部代謝栄養学)らを主要メンバーとして運営されてきました。
 2016年4月から、本センターは疾患酵素学研究所、疾患プロテオゲノムセンター、藤井節郎記念医科学センターと統合され、先端酵素学研究所の一領域として新しいスタートを切りました。本センターの領域長に齊藤達哉教授(先端酵素学研究所次世代酵素学研究領域炎症生物学分野)を迎え、臨床部門に糖尿病大血管症と脂質代謝異常症への造詣が深い粟飯原賢一特任教授(医歯薬学研究部糖尿病・代謝疾患治療学)に新しいメンバーとして加わっていただきました。これまでの組織横断的研究連携体制の強みがさらに強化され、各研究者の優れた技術と知見を共有する研究プラットホーム基盤を介した先進的かつ独創的なトランスレーショナルリサーチを推進することで、世界的課題である糖尿病の克服に貢献していきます。

糖尿病臨床研究・開発領域(糖尿病臨床・研究開発センター)の機構図

診療分野

先進糖尿病治療研究

 糖尿病治療の先進化は、インスリンの完全補完を必要とする1型糖尿病を対象に進んできました。高血糖の成因である食品中の糖質量の算出(カーボカウント)、それに応じた適切なインスリン投与アルゴリズム、それらを集約したインスリンポンプ療法など、エビデンスに基づく日本人に最適なインスリン治療法を提案します。

ICT活用医療連携に関する研究

 通信情報技術(ICT)の進歩は、今医療を変えようとしています。徳島県でも、糖尿病患者の治療の質の均てん化と向上をめざし、ICTを介した診療情報連携基盤(徳島糖尿病克服ネットワーク)が構築され、その運用が拡大してきています。最適な糖尿病医療を実現するため、医療情報(Electronic Health Record: EHR)解析による地域課題および高リスク患者の抽出アルゴリズムの開発研究、また蓄積されたEHRを個人へ還元する診療支援Personal Health Record(PHR)の開発研究を進めています。

膵β細胞傷害の可視化

 種保存的、臓器特徴的な遺伝子修飾に基づき、循環血中DNAから臓器障害を検知する研究開発を進めています。糖尿病に特徴的な膵β細胞傷害を早期に見つけることにより、1型糖尿病の早期診断や、膵・膵島移植時のグラフト障害の早期診断を可能とし、適切な治療介入の道を開きます。

最近の主要論文

  1. Matsuhisa M, Koyama M, Cheng X, Takahashi Y, Riddle M C, Bolli G B, Hirosse T, on behalf of the EDITION JP 1 study group.
    New insulin glargine 300 U/mL versus glargine 100 U/mL in Japanese adults with type 1 diabetes using basal and mealtime insulin : glucose control and hypoglycaemia in a randomized controlled trial(Edition JP 1)
    Diabetes, Obesity and Metabolism. 18(4):375-83 (2016)
  2. Kuroda A, Taniguchi S, Akehi Y, Mori H, Tamaki M, Suzuki R, Otsuka Y, Matsuhisa M.
    Accuracy and Time Delay of Glucose Measurements of Continuous Glucose Monitoring and Bedside Artificial Pancreas During Hyperglycemic and Euglycemic Hyperinsulinemic Glucose Clamp Study.
    J Diabetes Sci Technol. 11 : 1096- 100 (2017)
  3. Namba M, Iwakura T, Nishimura R, Akazawa K, Matsuhisa M, Atsumi Y, Satoh J, Yamauchi T, on behalf of the Japan Diabetes Society (JDS) Committee for Surveys on Severe Hypoglycemia.
    Current Status of Treatment-related Severe Hypoglycemia in Japanese Patients with Diabetes Mellitus: Report from the Japan Diabetes Society Committee for Surveys on Severe Hypoglycemia.
    J Diab Invest. doi:10.1111/jdi.12790 (2018)
  4. Miyagi M, Uchino H, Kumashiro M, Higa M, Shin K, Sasamoto M, Kitazato H, Tamaki M, Matsuhisa M, Hirose T.
    Up-titration strategy after DPP-4 inhibitor-based oral therapy for type 2 diabetes:A randomized controlled trial shifting to a single-dose GLP-1 enhancer versus adding a variable basal insulin algorithm.
    Diabetes Ther. 9 : 1959- 68 (2018)
  5. Matsuhisa M, Kuroda A.
    New risk factors of severe hypoglycemia.
    J Diabetes Investig. doi: 10.1111/jdi.12925 (2018)

スタッフ

領域長(併任教官):

齊藤 達哉教授(次世代酵素学研究領域)

糖尿病研究開発部門:

部門長・基礎研究分野長 親泊 政一教授(プロテオゲノム研究領域)
食品・栄養素研究分野長 阪上 浩教授(医歯薬学研究部)
診断・測定法研究分野長 池田 康将准教授(医歯薬学研究部)

糖尿病臨床部門:

部門長・臨床研究分野長 船木 真理特任教授(徳島大学病院)
地域医療推進分野長 粟飯原 賢一特任教授(医歯薬学研究部)
診療分野長 松久宗英教授(糖尿病臨床・研究開発センター長)

診療分野:

黒田 暁生准教授/高士 祐一特任助教/森 博康特任助教/
山田 美鈴特任助教/明比 祐子客員准教授/
田蒔 基行専門研究員/谷口 諭専門研究員