2020年度共同利用・共同研究拠点成果報告会

徳島大学先端酵素学研究所では、文部科学省共同利用・共同研究拠点事業の研究成果報告会を下記のとおり開催することとなりました。
本報告会は参加登録が必要です。

日 時:2021年2月5日(金)13:00〜18:10
[開催方式]ウェブ開催
主催:徳島大学先端酵素学研究所共催:共同利用・共同研究拠点事業
トランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業

 詳細については、PDF資料添付

参加登録

2021年1月12日(火)~2021年2月3日(水)

  • 事前に参加登録をした方にのみ、参加登録時のメールアドレスへZoomミーティングのIDとパスコードを送付いたします。
  • そのため、2021年2月3日(水)までに参加登録の手続きを完了させてください。

参加登録 ← 登録はこちらから

プログラム

13:00~13:05
開会の辞(先端酵素学研究所・所長:片桐 豊雅)

<セッション1> 座長:竹本 龍也

13:05〜13:35
鈴木 淳(京都大学 物質-細胞統合システム拠点 教授)
核内タンパク質による細胞膜リン脂質スクランブリングの直接的な制御
13:35〜14:05
松田 憲之(東京都医学総合研究所 チームリーダー)
質量分析・プロテオーム研究から解明した“パーキンソン病を抑制するミトコンドリア品質管理メカニズム”
14:05〜14:35
山崎 晶(大阪大学 微生物病研究所 教授)
自然免疫T細胞による抗原認識と疾患

—-休憩15分—-

<セッション2> 座長:齋尾 智英

14:50〜15:20
藤木 幸夫(九州大学 基幹教育院 名誉教授)
ペルオキシソームの形成と機能制御機構
15:20〜15:50
松岡 孝昭(和歌山県立医科大学 教授)
膵β細胞糖毒性原因分子の探求
15:50〜16:20
沖 真弥(京都大学大学院 医学研究科 特定准教授)
Non-coding領域における疾患関連SNPの解析

—-休憩15分—-

<セッション3> 座長:福本 誠二

16:35〜17:05
大川 恭行(九州大学生体防御医学研究所 教授)
ヒストン組成依存的な骨格筋幹細胞の分化制御機構
17:05〜17:35
杉浦 大祐(東京大学定量生命科学研究所 助教)
シスPD-L1/CD80結合がT細胞活性化段階におけるPD-1の抑制機能を制限する
17:35〜18:05
飯田 有俊(国立精神・神経医療研究センター 室長)
包括的ゲノム解析による遺伝性精神、神経筋疾患原因遺伝子の発見

 

18:05~18:10
閉会の辞(先端酵素学研究所・副所長:親泊 政一)

問い合わせ先

徳島大学先端酵素学研究所 竹本 龍也
e-mail: takemoto.tatsuya@tokushima-u.ac.jp